恋スキャFXと併用で勝てるツールは?

恋スキャFXは基本的な手法としてはボリンジャーバンドとRSIを使用して逆張りのスキャルピングが基本となります。新しく出たFXビクトリーDX完全版では、あらたな判断基準を追加し、ダマシを回避しやすくしています。

 

ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいいます。1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。

 

「RSI」はRelative Strength Indexの略で日本語では相対力指数といわれます。投資家の心理を把握しようとした指標です。簡単にどんな指標かといいますと、過去の値動きに対する上昇幅の割合をグラフ化」したものです。


 

 

FXの基本的なシグナル、例えば、移動平均線、(株式相場・外国為替相場・金相場など様々な金融商品の動きを一つの流れとして捉えることができる、もっともポピュラーなテクニカル分析の手法の1つです。)ストキャスティクス(一定期間の高値と安値を活用して、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断します。現状の価格が一定期間の高値および安値と比較して、どの位置にあるかで算出されます。)等、恋スキャFXにはないテクニカルを使って作成している教材等を組み合わせると精度が増し、勝率が上がると思います。

また、恋スキャFXは動画のみの教材になりますので、インジケーターの表示される教材(例えばドラゴンステトラジーFX)等、目で見てわかるツール等と組み合わせるとエントリーポイントや損切りポイントがひとめでわかり、使いやすく効率があがってくるのではないでしょうか?

 

もちろんどんな優秀な教材えお組み合わせても、教材だけで100%勝てるシステムはありません。教材は過去の数字の分析から作成されていますので、非常に優秀なツールではありますが、それだけが全てではありません。

 

自分でもFXを勉強し、日々のニュースや経済・社会情勢に目を向け、ご自分なりの裁量トレードを取り入れていくのが最強の稼げるツールになっていくと思います。 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ